スポンサーサイト

  • 2008.07.25 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


BLUE DRAGON その1

今回は現在進行形でプレイ中のゲームから。

BLUE DRAGONはXBOX360用として2006年12月7日に発売された作品。DVD-ROMの3枚組。
FFシリーズの坂口、植松両氏、ドラゴンボールの鳥山氏が関わるとして大きな注目を浴びた作品で、2008年6月現在XbOX360の国内売上としては最多を記録しています。

が、その評判はあまりよろしくもなく、投げ売りされているのが現実。また、そのおかげで安価で手に入れることができたのも現実。
個人的には、SFC時代のFFシリーズは大好きなのもって期待感を持ちつつプレイしてみました。

「魔法と機械によって栄えた古代文明が滅んでから幾星霜、古代文明が何故滅んだのかも忘れ去られた時代」(以上Wikipediaより転載)
という世界観の中、わけもわからないまま魔法の力を手に入れた少年少女たちが繰り広げる物語で、主に人助けなどのいわゆる「お使いプレイ」を中心にストーリーが展開されていきます。

序盤〜中盤にかけてはストーリーラインが希薄で、フィールドやダンジョンの探索をこなしていくのですが、その割には自由度の部分が物足らない印象。
壺やタンスにとどまらず、木の根もとやその辺の石ころまでアイテムが隠されています。
おそらく探索の幅を広げるためのものなんでしょうが、正直あまりにも数が多すぎる。
最初は「おーこんなとこにもアイテムがあっておいしい」なんて思うのですが、のちのち完全に義務感に苛まれながらやってしまってる状態に。
特に新しい村なんかにつくと「また探索か・・・」という気持ちが生まれてしまいまいた。
じゃあ無視しろよ、と言われるとちょっと違うかなと。
自分に不利な状態を作ることにもなり得るわけで、かといって全てを調べているとテンポを殺してしまうというのが残念な部分。

次にシステム部分です。
主人公たちは「影」を自分の分身のようにして敵モンスターと戦うのですが、その影に「ソード」「モンク」などのタイプを指定し、成長させて行きます。
FFシリーズのジョブシステムと酷似しているというか、そのままですねw
この辺は非常にわかりやすいシステムで、初心者やオールドユーザーにもとっかかりやすい部分で、個人的には好きなシステム。
「ぬすむ」「まほうけん」など、より有用なスキルを覚えさせたりするのが楽しい。

難易度は易しめと言ったところ。
普通に敵と戦いながら進めれば、2枚目終了時点ではまず詰まるような所はないです。

総合的にいえば、オールドユーザー向けに作ったのかな?と感じる部分が多かったです。
グラフィックもきれいなのですが、完全に鳥山マンガの世界に入ったような気分で、それがギャグチックな空気を生み出しており、シリアスなRPGを求めるユーザーには合うのかどうか少し疑問。

現在、終盤を迎えるところまでプレイしていますが、淡々と進んできたストーリーがようやく盛り上がりを見せてきたところ。
これからエンディングまでにどのような展開を見せつけてくれるのか楽しみ。

次回のレビューでストーリー部分の感想(完全版)とBGMについて書いてみるつもりです。

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM